【東大生の暗記法を公開】暗記用ミニノートのススメ

みなさんこんにちは。コマバノカブト(@komabano_kabuto)です。

突然ですが、みなさんはどうやって暗記をしていますか?

人それぞれやり方はあると思いますが、特に意識して来なかったという人も多いのではないでしょうか。

何回やっても覚えられない、でも覚えなきゃいけない。こういう悩みは誰しもあると思います。もちろん僕もそうでした。

何かを暗記したい、そういうときに一番有効な方法はなんだろうとずっと考えてきて、僕の出した結論が、「暗記用ミニノート」を作ることです。

あ、私それやってますよ

もちろん、小さいノートに要点をまとめるというのは有名な方法ですし、すでにやっている人も多いと思います。

ここでは、

  • なぜ、暗記用ミニノートを作ることが有効なのか?
  • ミニノートをどう使って暗記していけばいいのか?

の2点について解説していこうと思います。

暗記用ミニノートのメリット

メリット①:インプットとアウトプットが同時にできる

勉強において、インプットとアウトプットのバランスはとても大事です。

「ノートに覚えたい知識をまとめる」という行為を分解して考えてみると、

  1. 覚えたい知識について教科書・参考書で調べる(インプット)
  2. 今回必要な情報と不要な情報とを取捨選択する(インプット)
  3. ノートに知識を整理しながら書いていく(アウトプット)

のように、一連の行動の中にインプットとアウトプットが両方含まれているので、ぶっちゃけこの「まとめる作業」だけでもかなり知識が記憶として残りやすくなります。

メリット②:持ち運びやすい

普通のB5サイズのノートではなく、それよりも小さいミニノートである最大のメリットが、この持ち運びやすさです。

あとで詳しく書きますが、暗記においては繰り返し思い出すことが非常に重要になってきます。そのためには常に持ち運べて、ちょっとでも時間が出来たらノートを開く、という行動がしやすいミニノートという形態が便利なのです。

バイオロじい

ノートをカバンの外ポケットに入れておいて、電車の中やちょっとした時間にチェックするといいんじゃ。

暗記用ミニノートを使った暗記の方法

ミニノートの使い方で心に留めておくべきキーワードがひとつだけあります。それは、

どこでも、何度でも

です。

つまり、場所に関わらず一日のうちに何回もノートを見直すこと、それが最も有効な暗記法です。

でも、ノートを何回も見直すことが記憶の定着につながるというのは本当なのでしょうか?これを科学的に裏付ける有名な理論に、「忘却曲線」というものがあります。

エビングハウスの忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線(Forgetting Curve)とは、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが実験から得た理論で、とても簡単に言うと

”一度記憶した内容の思い出しやすさ”

を表しています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Forgetting_curve#/media/File:ForgettingCurve.svg

上の一回目グラフから分かるように、時間がたつにつれて思い出しにくくなっており、一般的に次のように言われています。

20分後:覚えた内容の42%を忘れる
1時間後:覚えた内容の56%を忘れる
1日後 :覚えた内容の74%を忘れる
1週間後:覚えた内容の77%を忘れる
1ヶ月後:覚えた内容の79%を忘れる

なんと人間の脳は、一日後には新しく覚えたことの約75%を忘れてしまうように出来ているのです。

生物小僧

せっかく覚えたのにもったいない。
人間の脳にとって忘れることは、覚えることと同じくらい重要なんじゃ。

バイオロじい

じゃあどうすればずっと覚えていられるの?

まず次のグラフをみて下さい。

https://en.wikipedia.org/wiki/Forgetting_curve#/media/File:ForgettingCurve.svg

緑色のグラフは、定期的に復習を行った際に、記憶の定着率がどうなるかを示しています。

見てわかるとおり、復習を繰り返すことで段々と忘却曲線の減少がゆるやかになっていき、記憶が長持ちすることが示されています。

つまり、間を空けずに何度も繰り返すことが暗記には重要なのです。

例えば、学校で毎日会っている先生とか、友達の顔って忘れないですよね?

でも今日電車で一度だけすれ違ったイケメンや美女の顔は明日にはもう忘れてしまいます。笑

毎日毎日、何度も遭遇するから忘れないのです。これは勉強においても同じことが言えるのです。

僕が実際にやっていたのは、

  • 通学の電車の中
  • 休み時間の空いた時
  • ご飯を食べながら
  • トイレの中
  • お風呂の中

少なくともこの5つの時は意識的にミニノートを持ち歩いて開くようにしていました。

https://biology-matome.com/wp-content/uploads/2020/02/4F1A533D-7F2F-49FB-9F43-CAB12AA98104_1_201_a.jpeg
かぶと

まわりから多少キモいと思われようが、たった一年間です。それに、君が頑張っている様子を見てキモいなんて思う人は大学に入ったら疎遠になると思うので、放っときましょう。

まとめ

暗記がどうも苦手だと思っている人や、暗記系の科目で高得点を目指している人は、ぜひ試してみることをおすすめします。

なにか質問がありましたら気軽にどうぞ!

応援が励みになります。ポチッとお願いします↓
東大生ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です